よくある質問

機械加工について詳しく教えてください。

A

機械加工とは

機械加工とは、切削工具や工作機械を用いて金属や樹脂部品などの素材を加工することです。目的の形状に作り出すために、様々な工作機械や加工方法を使い分けます。

機械加工の種類

機械加工は主に除去加工、成形加工、結合加工の3つに大別されます。

除去加工

材料から目的形状になるように、材料の一部を除去する加工のことです。除去する方法により加工方法がいくつかあります。

切削加工

切削工具などを用いて、対象の素材を切り削る加工方法です。多くは旋盤やフライス盤などの工作機械や専用工具によって行われますが、ノコギリやノミなど人力による切削加工も行われています。

研削加工

回転する砥石車に対象の素材を当てて表面を少しずつ削り、切削加工よりも滑らかな面を得る加工方法です。

研磨加工

砥粒を用いて研削加工よりも細かく削り、磨きあげる加工方法です。

放電加工

アーク放電の際に発生する熱で金属を溶かし、弾き飛ばす加工方法です。削るのが難しい材料でも加工できるのが特徴です。

成形加工

材料に力や熱(または両方)を加えて、目的形状にする加工方法のことです。

プレス加工

材料に強い力を加えて、型に沿った形に変形させる加工方法です。

板金加工

薄く平らに加工した金属(板金)を、プレス機械を用いて変形や切断・くり抜きを行う加工方法です。

鋳造

溶かした金属を型に流し込み、冷やし固めることで、目的形状を得る加工方法です。

鍛造

金属をハンマーなどで叩き、圧力を加えることで塑性変形させる加工方法です。

 

結合加工

複数の素材をつなぎ合わせて、機能や所定の形状を得る加工方法のことです。

溶接

複数の部材の接合部に熱または圧力を加えることで、接合部で部材が一体になる加工である。

ろう付け

部材よりも融点の低い合金(ろう)を溶かし、接着剤として用いることで、部材同士を接合させる加工方法のことです。

機械加工を行う設備

材質や加工の種類に応じて、加工する機械や工具があるので、ここでは金属に対する機械加工で代表的な設備を示します。

旋盤

被切削物を回転させ、バイトを当てることで切削加工を行う工作機械です。

フライス盤

回転軸に取り付けた切削工具(フライス)を回転させ、動かすことにより、平面・溝・歯車などの切削加工を行う工作機械です。

ボール盤

回転軸に取り付けたドリルやリーマなどの切削工具を回転させ、材料に当てることで、穴あけ加工を行う工作機械です。

機械研削盤

砥石車を回転させ、材料を研削加工する工作機械です。平面を加工する平面研削盤、円筒外面を加工する円筒研削盤、円筒内面を加工する内面研削盤などがあります。

NC工作機械{NC(Numerical Control)}

工具の移動量や移動速度などを、コンピュータで数値制御することをできるようにした工作機械です。今日では、多くの工作機械でコンピュータ数値制御が用いられています。

マシニングセンタ

自動工具交換機能を有したNCフライス盤のことです。コンピュータ数値制御の指令で、自動的に工具を交換することにより、様々な加工を連続して行うことができます。

機械加工と切削加工

前述の通り、切削加工は機械加工の一つです。機械加工=切削加工ではありません。

加工部品調達サービスについて

製作可能な加工部品について

品質管理・検査体制について

検査・測定代行サービスについて

加工部品の基礎について