よくある質問

海外で精密部品の調達を行う上での、メリットとデメリットを教えてください。

A

精密部品 調達コストダウン.comは、海外の部品供給ネットワークを活用して、高品質・低コストで精密部品の調達・提供を行ってきました。海外で部品調達をする上でのメリット・デメリットについて、一般的な点から記載させて頂きます。

メリット① 部品調達コストの削減
海外の部品供給ネットワークを利用する上で、圧倒的なコストダウンが実現できます。中国を始めとした東アジア地域、ベトナムなどの東南アジア地域で部品製造を行い、日本で供給することで、従来品と比較して低コストの部品供給が可能となります。当社が行った海外部品の調達においては、従来比で最大40%のコストダウンを実現した実績もございます。精密部品のコストダウンを実現できることが、最大のメリットといえます。

 

メリット② 現地調達による短納期・低コスト化が可能
海外に工場を持ち、設備・装置を製造する上で、コストダウン・短納期化を実現する上では、現地調達が何より重要となります。昨今、大企業を始めとした多くの企業で、サプライチェーンを海外で構築し、現地調達・現地生産を可能にすることでJIT生産を実現していますが、海外進出を目指すスタートアップ企業や中小企業においては、海外での高品質部品の現地調達ネットワークを構築できず、海外進出が頓挫することもあります。
現地調達による短納期・低コスト化が実現できることは大きなメリットですが、安心できるサプライヤーが見つからず、このメリットを最大限教授できていないことも多く見受けられます。

上記2つが、精密部品を海外で調達するメリットになります。一方で、一般的な海外調達のデメリットとして以下が上げられます。


デメリット① 国内生産品と比較し、品質が悪化する

海外で精密部品の調達を行った場合、要求基準をクリアできない精度の部品や、傷・汚れがある部品など、発注者の意図しない部品が供給させる場合があります。また、量産部品を発注した際に、不良品の混在率が高く、一から検査を行うことで工数がかかり、逆にコストが上昇してしまうという事例もあります。


デメリット② 希望納期通りに納品されない

海外から精密部品を調達するうえで、確定した納期通りに対象部品が納品されない場合があります。海外の企業によっては、国内品より納品までのプロセスが多いにも関わらず、生産・物流管理が徹底されていないこともあり、納期遅延が発生しています。


デメリット③ 安心できる部品供給サプライヤーを見つけにくい

海外で部品供給ネットワークを構築し、精密部品を仕入れることで大幅なコストダウンが可能になりますが、前述のとおり、品質低下・納期遅延などのリスクも大きくなります。高品質・低コスト品の調達を行う上では、安心できる部品供給サプライヤーを探し、取引を行う必要がありますが、海外であることから情報ギャップが生じ、企業選定が難しくなります。海外で部品加工を行う企業は、日本語版HPを開設していないことが多く、またインターネットの情報と実体が乖離していることもあります。

上記3つが海外で精密部品の調達を行う場合のデメリットです。

海外で精密部品の調達を行う場合に、コストダウンは何よりのメリットです。しかし、前述のとおり、品質面や納期遅れなどデメリットがあります。精密部品 調達コストダウン.comの海外部品調達代行サービスは、上記デメリットを生じさせずに海外部品の調達を行うことが可能です。

 

デメリット① 国内生産品と比較し、品質が悪化する
精密部品 調達コストダウン.comは、品質指導を行い厳選した海外のサプライヤーのみから部品調達を行っております。これらの企業は、当社が製造する測定ゲージに使用する部品を5年以上製作しており、高品質で要求品質を達成し続けている加工メーカーです。
また、現地での品質検査を徹底しているだけでなく、当社内でも二重で検査しています。当社は測定ゲージメーカーでもあり、機械検査1級技能士・2級技能士が計5名在籍し、測定・検査のプロが品質検査を行います。検査機についても3Dスキャナ、3次元測定器を始めとした充実した設備を保有しています。
海外部品調達が懸念される最も大きなデメリットを解消し、大幅なコスト削減を実現することで、皆様に選ばれ続けてきました。

 

デメリット② 希望納期通りに納品されない
→精密部品 調達コストダウン.comは、前述のとおり当社と5年以上取引のある、海外の部品供給サプライヤーのみを選定しております。確定納期を生産・物流管理の不備で遅れることがあった企業はありません。

 

デメリット③ 安心できる部品供給サプライヤーを見つけにくい
→高品質で生産・物流管理を徹底している海外のサプライヤーを探すことができず、海外での部品調達に二の足を踏んでしまう方も多いかと思いますが、当社がすでに構築している部品供給サプライヤーを利用することで、このデメリットを解消できます。

 

部品調達コストを見直しコストダウンを実現したい皆様、当社にお気軽にお問合せください。


>>当社が提供できるサービスのご紹介はこちら


>>精密部品 調達コストダウン.comの部品調達実績はこちら

部品調達サービスについて

製作可能な部品について

品質管理・検査体制について

検査・測定代行サービスについて

精密部品の基礎について