よくある質問

部品調達を行うメリットは何でしょうか?

A

部品調達活動を行うメリットは、いくつかありますが、これまで当社が行ってきた部品調達活動におけるお客様から評価いただいている点は以下の通りです。

メリット①:圧倒的なコストダウン!

これまで国内で調達活動をされていたメーカー様で、よくお聞きするのが、この圧倒的なコストダウン能力です。具体的には、国内での部品調達活動から、海外からの部品調達活動に切り替えることで、コストが圧倒的に落ちており、最大で40%の部品調達コストの削減を実現しています。

メリット②:品質管理を丸投げ!手離れの良さも魅力

部品調達活動というと、コストを抑えるために実施されると考えられますが、それよりもメリットがあるのが、品質管理を社外に丸投げできるということです。例えば、お客さまが顧客から部品加工を依頼されている場合において、自社で加工を行う/国内の協力企業で製作をするという場合には、社内での品質管理が必須となります。一方で、当社の部品調達サービスを活用いただくことで、当社で行う検査・品質管理を通過し、検査表と共に、納品をさせて頂きますので、そのままお客様に納品していただければ、品質保証が可能となります。

メリット③:BCPの観点から、安定部品調達が可能!

昨今、天災や、感染症などが続く中、企業活動において考えなければならないのが、BCP(事業継続計画)です。
我々、部品サプライヤーの観点から行くと、如何にお客様のラインを止めずに継続的な部品供給を行うか?という観点です。

そこで、皆様にご提案したいのが、この海外部品サプライヤーを活用した部品調達です。当社の海外サプライヤーは1社の安いサプライヤーで調達をしているわけではなく、当社保有のネットワークの中で、最適なサプライヤー選定を行い、低コスト・高品質が担保できるサプライヤーに発注を行っています。その為、日本国内において特定エリアでの天災等が発生した場合においても部品供給責任を果たすことができます。

もちろん海外のサプライヤーネットワークも1拠点に集約していないことから、海外で何か発生した場合においてもご安心して活用いただくことがかのうです。

このように、様々なメリットが海外部品調達にはございますので、まずは「どのくらいの価格で出てくるんだろう?」「試しに見積もりを取ってみようかな?」といった内容でも結構です。まずはお問い合わせください!

部品調達サービスについて

製作可能な部品について

品質管理・検査体制について

検査・測定代行サービスについて

精密部品の基礎について