ステンレス(SUS)の特徴や種類、選定のポイントを教えてください。

ステンレス(SUS)の特徴や種類、選定のポイントを教えてください。

A

精密部品 調達コストダウン.comでは、ステンレス(SUS)の部品調達を行っております。ステンレスの特徴や種類を中心にご説明させて頂きます。

 

SUSの特徴
ステンレス鋼(SUS)は「クロム(Cr)を10.5%以上含み、素(C) が1.2%以下の 合金鋼」と定義され、1910年代前半に発明されました。クロムを加えることで表 面に不動態皮膜(酸化物で作られ薄い膜)が形成されるたを越えての酸化 を防ぎ、よって耐食を有するという点が特徴です。

 

SUSの種類について

ステンレスは、主要成分を元に分類すると「クロム系ステンレス」「クロムニッケル系ステ ンレス鋼の2つに大別されます。また、 金属組織を元に分類すると「オーステナイト系」「フェライト系」「マルテンサイ ト系」オーステナイトフェライト系(ニ相系)」「析出硬化系(PHステンレ ス)」の5つに大別されます。

 

①オーステナイト系ステンレス鋼

オーステナイトを主要組織とするステンレス18クロム8 ッケル(SUS304)が代表的なクロニッケル系ステンレス鋼です。一般に延靭性間加工性溶接性に優れます耐食性も優れ低温温におけ る性質も優秀ですこのため途は多岐にわたり、造量も全ステンレスの6割を 超えます。

上述の通り、オースナイト系はクロムの他にオースナイトを安定させるためにニッケルを含んでおり他の系と結晶構造が異なため非磁性(常磁性)であり石に付きません(冷間加工した場合性を示すことがある)。こため、電気電子部品使用されていますまた性による分別ができリサイクルも進んでいます耐食 性は、総じて言えばフェライト系とマルンサイト系より優れます。オーステナイト 系の強度低下開始温度は約600°Cと高く耐熱材料しても用られます。ま、明確延性脆性遷移温度が存在せず極低温でもある程度の延性を示し機械的強度を保 ちます

SUS304オーステナイト系の主たるステンレスで最も流通しているステンレス 鋼ですベーシックな耐食性を持溶接性間加工性に優ため汎用性が高く種多様な用途でいられています。 

SUS303SUS304に硫黄やリンを添加切削加工性を上げた快削ステンレス鋼一種ですしか耐食性や溶接性はSUS304に劣ります。常時水に晒される環境では1年程 度で腐食が発生するとがためその場合はSUS304を選択するほうが無難です。 切削加工性には優れているので、加工コストを下げることが出来る。

 

②フェライト系ステンレス鋼 

フェライトを主要組織とするステンレス鋼で18クロム系 (SUS430) が代表的なクロム系ステンレス鋼です処理によ硬化がほとんどな 焼きなまし状態で使用されルテンサイト系ステンレスより成型加工性食性に優溶接性も比較的良好であるた一般耐食用として広く使用されて います年の精錬技術向上によ低炭素窒素の高純度フェライト系ステンレス 鋼も存在します強磁性を持ち磁石につきます。 

SUS430ェライト系ステンの代表例ですーステナイト系のSUS304に対耐食強度で劣るが安価で価格が安定しており入手しやすいステンレス 材料となります

 

③マルテンサイト系ステンレス鋼

常温でルテンサイトを主要組織とする組成を持つステンレス鋼で13クロム系 (SUS410, SUS420J2) が代表的なクロム系ステンレス鋼ですのステンレと比 て炭素量が多いのが特徴となります組成熱処理によるがステンレス鋼の中でも最高の 硬度を発現させることが可能ですだし耐食性はステンレスの中でも劣る分類に 入ります摩耗性も高いの軸受などの機用部品や刃物などに適しています強磁性を持ち磁石につくのも特徴の一つです。

 

④オーステナイト・フェライト系ステンレス鋼(ニ相系)

オーステナイトとフェライトの2つの金属組織が共存するステンレス鋼です物理的性質 もオーステナイトとェライトのほぼ中間となりますェライト系を有してるので 磁性を持ちます耐海水性耐応力腐食割れ性に優、高強度ですのため海水環境 下や油井関係などで使用されることが多くあります原料や製造コストが高いステンレスの中でも高価な部類に入ります。

 

⑤析出硬化系ステンレス鋼(PHステンレス鋼)

出硬化を起こすことで高強度化高硬化させたステンレス鋼ですェットエン ジン空機船舶ロケットなど耐食性に加えて高い強度が要求さる用途にいられます二相系と同様にステンレス鋼の中でも高価な部類に入ります。 

※析硬化合金中に過飽和に固溶した化学成分が析出し織中に微小な粒子 分散形成させること材料の強が向上する現象析出硬化を利用し 合金としてジュルミが有名。 

 

SUS選定のポイント

ステンレスを用いる最大の利点はの耐食性にあります。よってSUSの選定の際 まず耐食性のレベルを決め、次に機械的性質(降伏点、強度、硬度など)を決 次に加工性(切削研磨溶接など)について検討しコストと生産性 を考慮した上で選定するのが良いといえます。

 

精密部品 調達コストダウン.comは、ステンレスの性質を熟知しており、皆様にご要望に沿った最適なステンレス材を選定いたします。ステンレスについてお悩みの皆様、お気軽にご相談ください。

 

>>関連記事:”SUS製の精密部品の調達は可能ですか?”に関する回答はこちら!

 

>>ステンレス(SUS)製精密部品の調達実績はこちら!