よくある質問

機械要素部品の調達が可能とありますが、機械要素部品を詳しく教えてください。

A

当社では、ネジをはじめとした特注機械要素部品の調達が可能です。機械要素部品について、詳しくご説明します。

機械要素とは

機械要素とは、機械を構成する最小の機位のことであり、機素とも言います。 どんなに複雑な機械でも要素の組み合わせです械要素は、多くの場合、国際標準規格や各国の国家規格で定められています。

機械要素の分類・種類・機能

ここからは、機械要素の種類や機能についてご説明いたします。

A.締結部品

1.ネジ
筒や円錐の面に沿っ螺旋状の溝を切ったもの溝を外面に切ったものを雄ねそれにはまるよう内面に切ったものを雌ねじといいます

2.リベット
頭部とネのない胴部からなり胴部を部材の穴に差し込用工具でかしめることで反対側の端部を塑性変形させて接させる部品のことです

3.キー
からの動力を他の機械要素に伝るための機械要素ですキーを差し込む穴をキー溝といいます。

4.止め輪(リテーニング、サークリップ、スナップリング)
は軸に加工した溝にはめ込み隣接する部品を固定るファスナーの一種溝からはみ出ている部分が部品の固定を可能にしています。

B.伝達要素 

1.  
回転の中心の役割を果たす部品です。 

2. 軸受(ベアリング) 
回転や往復運動をする相手部品に接してなどを支持する部品です。 

3. 軸継手(ジョイント、カップリング) 
軸の延長や他方の軸への動力伝達を目的とする部品です連続的に伝える永久継 手と断続的に伝るクラッチの2つに大別されます。 

4. 歯車 
伝動車の周囲に歯形を付確実な動力伝達を可能にした部品です回転の減速 や増回転軸の向きや回転方向を変力の分割などに用います。 

5.スプロケット 
の回転をローラーチェーンに伝達したりローラーチェーンの回転を軸に 伝達すための歯車です。

6. 摩擦車 
接触面の摩擦を利用一つの車輪から他方の車輪へ回転を伝達する部品です。 

7.ベルト(調帯とも) 
巻き掛け伝動装置に用いられる原動車から従動車に動力を伝する部品ですほとんどの場軸にセットさたプーに合わせて使用されます。 

8. プーリー(英語で滑車のこと, Pulley ) 
き掛け動装置に用いられルトからの回転力を取り出す滑車です(プーリーは一般的な滑車とは別にJISで規定されいます

C. 液体伝達要素(液体と書いてあるが気体を含む流体を伝える) 

1. 管 (パイプ) 
流体を連続的に輸送するために用いる中空の細長い構造の部品です。 (柔軟性のあるものはホースと呼ばれるこが多い) 

2. 管継手 
管同の接続管の方向転換枝管の設置目的に管の継目に使われる部品ですL形(エルボ)T形(ティ)U形(ベド)など形は様々な種類があります。 

3. 弁 (バルブ) 
流体が通る系統にけられる流れの方向圧力流量の制御行う機器です。 

D. 密封要素 
流体の外部への漏れや内部への異混入を防ぐ部品や素材の称としてシール と呼ばれますシールは固定用途にいられるガスケットと運動可動部分に 用いらるパッキンの2種類に大別されます。 

E.案内要素 
案内の方式は主に3種類あそれらを利用した構造を案内要素といいます。 

1. すべり案内 

運動部分が固定部分に接しており運動部分が滑ることにり移動させる方法ですいわば滑り台。 

2. 転がり案内 
運動部分と固定部分の間に転動体(玉やコロいわゆるベアリング)を介して 運動部分を移動する方法ですリニアガイドなどの商品名で市販れています。 

3. 静圧案内 
運動部分と固定部分の間に加圧された流体を送り込運動部浮上させ移 動させる方法です。 

F. 制御要素 
コンピュータやスイッチなど機械を制御する要素です。 

G. エネルギー変換要素 

1. カム 
原軸の等速回転運動を上下や左右の往復運動に用いられる機構です回転カムや振 動カム往復カム逆さカムなど種類があります。 

2.リンク機構 
リンク(節)と呼ばる細長い剛体をジョイント(関節)で接続し一つ以上 の閉路(つまり輪状)を構成るものです(多角形の辺をリンク頂点をジョイ トとして考えると想像しやすいかもしれません) リンク装置はリンクの数が4以上からなります(まり辺が4より多い多角形)特定のリンクを転運動や往復運動させ ることで他のリンクにその運動を伝播させる装置です。 

3. クランク 
回転する軸とそれとは芯のずを結ぶ柄からなる機構であり回転運動 を往復運動に変換(もしくはそ)すことが出来ますリンク機構の一種です。 

H. 緩衝要素 

1. ブレーキ 
移動する物体の減速や停止を行う装置です摩擦によるもの体の抵抗に るもの電気を用るものなど種類があります。 

2. ばね 
力が加わると変形し力を取り除くと元に戻るいう物体の弾性を利る機 械要素ですく知られているばねはコイルばねのことを言います緩衝要素としてのばねは、例えば車のサスペンションなどがそれに当たります。 

3. ショックアブソーバー(ダンパー) 
ばねは衝撃を吸収してくれるが伸び縮みの振動を起こします。ショックアブソー バーは、ばねによる周期振動を減衰収束させるための装置ですこれがないと振動が 長く続き作が安定しない上、共振による破生じることがあ。 

当社の精密部品 調達代行サービス
精密部品 調達コストダウン.comを運営する伊藤精密工具製作所は、ゲージメーカーとして培ってきた検査技術や、長年培ってきた海外部品調達ネットワークを活用し、機械要素部品を低コストで供給させて頂きます。是非当社のサービスをご活用ください。

>>当社が提供できるサービスのご紹介はこちら

部品調達サービスについて

製作可能な部品について

品質管理・検査体制について

検査・測定代行サービスについて

精密部品の基礎について