よくある質問

超硬合金加工品の調達が可能とありますが、特徴を教えてください。

A

当社では、超硬合金加工品の調達が可能です。超硬合金加工品について、詳しくご説明します。

超硬合金とは

超硬合金とは、高融点高硬度の金属炭化物を結材となる鉄系金属粉末(鉄Fe, コバルトCo, ニッ ケルNi)などと混合して焼結させ合金のことを言います。金属炭化物として主にWC(炭化タングステンタングステンカーバイドと)がいられます。特性向上にTiC(炭化チタン)やTaC(炭化タンタル)が添加ることもあります。

超硬合金の種類・材質

表的な硬合金はWCCo系合金ですさらに、TiCが添加さWCTiCCo系 やTaCが添加されたWCTaCCo系その両方が添加されたWCTiCTaCCo系がありま も結合材をNiに変えWCNi系などがありま。 
使う金属炭化物、結合材、配合比率や粒径などによって様々な超硬合金が存在します

超硬合金の加工時の注意点

超硬合金は硬い反面脆い材料なの衝撃や締め付けで破損する場があります。 超硬合金は比重が大きいの重量物として取り扱いに注意が必要です。 また、研削潤滑液その他水分による腐食で強度低下をまねくので保管状態にも気を付ける必要があります。 
研削すると塵が発生するの廃棄装置や保護具を用いることが重要です。膚に付着した に入った場すぐに水で洗い流してください。 
研削した場合廃液に重金属が含まれるので処理を確実に行うことも必要となります。 
(その他う付け放電加工レーザー等でのマーキングなど超硬合金の加工に関 する注意点様々

超硬合金の用途

超硬合金は、その特性を生か摩耗性が要求される金属加工用の切削工具(超硬工具) に用いられます自動車部品の金属加工には加工精度や製造コストの面からも超 硬工具が多用されます。 ルミ缶やコインの金道路のアスファルトを切断す器具トンネルの 穴を掘るときの固い岩盤を砕く刃(シールドマシン)などに使されています

超硬合金選定のポイント

超硬工具の選定は削材切削方法や条件をもとに適したものを選ぶ必要があります。詳細は、メーカーに相談の上進めてください。当社にお声かけ頂けましたら、過去実績をもとに材質選定もさせて頂きます。

超硬合金の価格や動向

超硬合金にはタングステンを用いているため高価となります(タングステンは産業上軍 事上で重要性が高いが産出地が偏っている日本ではほとど輸入に頼っています。) 近年では硬合金の代わりに高速度工具る動向も見られています。 

当社の精密部品 調達代行サービス

精密部品 調達コストダウン.comを運営する伊藤精密工具製作所は、ゲージメーカーとして培ってきた検査技術や、長年培ってきた海外部品調達ネットワークを活用し、超硬合金加工品を低コストで供給させて頂きます。ワークとの接触などによる磨耗を抑えるため、ワークの受け座やマスターなどに耐摩耗性の優れる超硬を使用した事例など、多様な事例がございますので、是非お気軽に当社に御相談ください。

>>当社が提供できるサービスのご紹介はこちら

加工部品調達サービスについて

製作可能な加工部品について

品質管理・検査体制について

検査・測定代行サービスについて

加工部品の基礎について