よくある質問

SKS材の特徴や種類について、詳しく教えてください。

A

当社では、海外部品調達によりSKS材の調達コストダウンが可能です。SKS材について、詳しくご説明します。

SKS材とは?

SKS材は、Steel Kogu Specialの略であり、合金工具鋼の一種です。SKSの後ろにつく数字により種類や用途が分かれます。

切削工具用:SKS11,SKS2,SKS21,SKS5,SKS51,SKS7,SKS8,SKS81
耐衝撃工具用:SKS4,SKS41,SKS43,SKS44
冷間金型用:SKS3,SKS31,SKS93,SKS94,SKS95

切削工具用のSKS材の用途:バイト、タップ、ドリル、センタードリル、カッター、冷間引抜ダイス、ねじ切ダイス、替刃、刃物、ハクソー(金切りのこぎりの刃)、丸のこ、帯のこ、刃やすり、組やすり

耐衝撃工具用のSKS材の用途:たがね、ポンチ、シャー刃、削岩機用ピストン、ヘッディング、ダイス

冷間金型用のSKS材の用途:ゲージ、シャー刃、プレス型、ねじ切ダイス

SKS材の特徴・性質

SKS材は、炭素工具鋼(SK材)にCr(クロム),W(タングステン),V(バナジウム)などを添加し、炭素工具鋼に欠けていた耐摩耗性、耐衝撃性を改善した材質です。

SKS選定のポイント

前述したとおり、用途によって選定します。しかし、上記のSKS○○はJISに規定された名称であり、詳細な化学成分まで考慮すると各製鋼メーカーの新鋼材がJIS規格として掲載されていない可能性もあるため、詳しい選定条件は部品調達を行う当社や、製鋼メーカーに問い合わせるのが最適です。

SKS材とSKD材の違い

SKS材もSKD材も合金工具鋼であるが、SKS材と比べてSKD材の方がCr(クロム)をより多く含んでいます。そのため、SKD材は冷間金型用の他に熱間金型用の鋼種があります。

当社がSKS材を多用するのは何故か?

ゲージメーカーでもある当社は、SKS材を多く活用しています。理由として
①一般に手に入る合金工具鋼材の中では、高硬度と精密な寸法精度を出しやすく、耐摩耗性や靭性が高い。
②焼入れ、焼戻し、サブゼロ処理で経年変化を抑制することができる。
点があげられます。
SKS材の中でもSKS3を多く使用しています。ゲージに求められる性能や剛性を考慮した場合、製造コストが適切であり最適な材質であるためです。他に、SKS3と同じ冷間金型用のSKS93は油焼入れが可能なため、SK3の代用品として使用しています。

当社の精密部品 調達代行サービス
精密部品 調達コストダウン.comを運営する伊藤精密工具製作所は、ゲージメーカーとして培ってきた検査技術や、長年培ってきた海外部品調達ネットワークを活用し、SKS材を低コストで供給させて頂きます。是非当社のサービスをご活用ください。

>>当社が提供できるサービスのご紹介はこちら

部品調達サービスについて

製作可能な部品について

品質管理・検査体制について

検査・測定代行サービスについて

精密部品の基礎について