よくある質問

SKD11とは何ですか?特徴を教えてください。

A

SKD11について

JISに規定されている10種の冷間金型用合金工具鋼の1つです。同じ冷間金型用のSKS系と比べて、C(炭素)とCr(クロム)の量が高く耐摩耗性に優れます。ゲージやネジ転造ダイス、金型刃物、フォーミングロール(薄板を成形するためのロール)、プレス金型などに用いられてます。

SKD11の特徴・性質

焼入れ性が良好で、空冷、真空ガス冷焼入れに適しています。焼入れ歪みも非常に小さく、精密金型にも使用されています。
SKS3と比較すると、被削性は劣ります。SS400と比較すると、Mo(モリブデン)を含むため熱伝導率が低くなります。Cr(クロム)の量が多く、Mo(モリブデン)やV(バナジウム)を使うのでやや割高となりますが、SKD系のなかでは比較的入手しやすい材質です。

SKD11の化学成分量 ※JISの規定

化学成分(%)
C(炭素) 1.40~1.60
Si(ケイ素) 0.40以下
Mn(マンガン) 0.60以下
P(リン) 0.030以下
S(硫黄) 0.030以下
Cr(クロム) 11.00~13.00
Mo(モリブデン) 0.80~1.20
V(バナジウム) 0.20~0.50

脱炭層深さ鑑定用試験片の熱処理条件と硬さ ※JISに規定
焼入れ:1030℃ 空冷
焼き戻し:180℃ 空冷
硬さ:Hv653

当社の精密部品 調達代行サービス
精密部品 調達コストダウン.comを運営する伊藤精密工具製作所は、ゲージメーカーとして培ってきた検査技術や、長年培ってきた海外部品調達ネットワークを活用し、SKD11を低コストで供給させて頂きます。是非当社のサービスをご活用ください。

>>当社が提供できるサービスのご紹介はこちら

部品調達サービスについて

製作可能な部品について

品質管理・検査体制について

検査・測定代行サービスについて

精密部品の基礎について