よくある質問

S45Cの特徴について教えてください。

A

S45Cとは

JIS G4051に規定されている機械構造用炭素鋼の一つで、炭素の含有量が0.42~0.48%の炭素鋼のことを指します。

S45Cの化学成分

C(炭素) 0.42~0.48
Si(ケイ素) 0.15~0.35
Mn(マンガン) 0.60~0.90
P(リン) 0.030以下
S(硫黄) 0.035以下

S45Cの特徴・性質

S45Cは機械構造用炭素鋼で最もポピュラーな鋼種であり、入手性が良い炭素鋼です。熱処理で硬度を向上させるのに必要な量の炭素を含有しているので、熱処理を施して、硬度を高めることができます。
熱処理による加工性や溶接性が良く、切削・研削加工にも良い汎用性の高い鋼種となります。

S45Cの加工事例

①  製品名:カップリング サイズ:φ220×40

海外での部品調達によりコストダウンを実現したS45C製カップリング

>>詳しくはこちら!

② 製品名:配線組立冶具 サイズ:10×30×16

海外での部品調達によりコストダウンを実現したS45C製配線組立治具

>>詳しくはこちら!

③ 製品名:特注ボルト サイズ:φ16×40

海外製の部品調達でコストダウンを実現したS45C製ボルト

>>詳しくはこちら!

④ 製品名:自動車部品用シャフト サイズ:117×39

>>詳しくはこちら!

 

【関連記事】

>>よくある質問 “S45C製加工部品の調達は可能でしょうか?

>>S45C調達実績一覧

加工部品調達サービスについて

製作可能な加工部品について

品質管理・検査体制について

検査・測定代行サービスについて

加工部品の基礎について