よくある質問

SKD材の特徴や種類、選定のポイントを教えてください。

A

精密部品 調達コストダウン.comでは、SKD材の部品調達代行サービスを行っています。また、運営する伊藤精密工具製作所は測定ゲージメーカーでもあり、SKD材を長年にわたって使用してきました。SKD材の特徴や、選定のポイントをご説明します。

>>”SKD11加工品・超硬加工品 コストダウン調達サービス”はこちら!

SKD材とは

SKD材は耐摩耗性が優れている合金工具鋼です。S(鉄) K(工具) D(ダイス金型)は、 別名ダイス鋼とも呼ばれます。 ダイスとはダイという金属の成形使用す工具で、 複数形でダイスとんでいます。

 

SKD材の種類

SKD材間金型用、 冷問金型用と大きく二つの用途によって分類されています。熱間、冷間とは簡 単に言うと使われる環境を指しています。 熱間は長時間高温にさらされている間の金属の強度や高度が維持さます。反対に、冷間は室温100度 未満で機 能します。 このめ、求められる性能にも違いが生じ、 SKDの中でもいくつかの種類に分かれてます。 かでも熱間金型用ではSKD61、 冷間金型用ではSKD11がよく使われます。 

 

当社が選定するSKD材

前述のとおり、当社は測定ゲージメーカーでもあり、ゲージや治具を主に製作しいるので、 冷間金型用であるSKD11を使用します。 SKD11は炭素含有量が工具鋼の中でも非常に多く、 さらにMo(モリブデン)V(バ ナジウム)が含まれているため焼入れ性耐摩耗性が非常に優れて います。 そのため当では主 に、特別に摩耗をさせたくないなど 部分的に強度が必要になる部分、焼入れ後のひずみを抑えたい場合、 またはお客様のご要望があっ場合など使用ています。

 

>>関連記事:”ステンレス(SUS)の特徴や種類、選定のポイントを教えてください”に対する回答はこちら!

部品調達サービスについて

製作可能な部品について

品質管理・検査体制について

検査・測定代行サービスについて

精密部品の基礎について