よくある質問

炭素鋼とは何ですか?特徴を教えてください。

A

炭素鋼とは

炭素鋼とは、鉄と炭素の合金である鋼の一つで、炭素含有量が通常0.02~2.14%の範囲の鋼で、炭素以外の含有元素が合金鋼に分類されない量以下である鋼のことを言います。(2.14%を超えると鋳鉄に分類される。)

炭素鋼は含有炭素量の増加に伴い、引張強さ・硬さが増すが、伸び・絞りが減り、被削性・被研削性が悪くなります。また、熱処理(焼なまし、焼ならし、焼入れ、焼戻し)により性質を大きく変化させることができます。

炭素鋼の分類

炭素含有量が0.25%以下を低炭素鋼、0.25~0.6%を中炭素鋼、0.6%以上を高炭素鋼に分類されます。低炭素鋼と中炭素鋼は広く使用されているため、合わせて普通鋼とも呼ばれています。

一般に炭素含有量0.6%以下を構造用鋼として、0.6%以上を工具鋼として使用される。JISでは、構造用鋼は一般構造用圧延鋼材(SS材)と機械構造用炭素鋼鋼材(SC材)に分けられています。前者は熱処理なしでの使用を、後者は熱処理されることを前提としています。

硬さによる分類も存在し、軟鋼と硬鋼の2つに大別されます。さらに細かく分類される場合もあるが、文献によって種別名や種別を規定する炭素含有量が異なります。
一般に炭素含有量が0.3%を境に軟鋼と硬鋼が分かれています。

>>関連記事:S45Cの特徴について教えてください。

>>関連記事:S45CとSS400の違いを教えてください。

加工部品調達サービスについて

製作可能な加工部品について

品質管理・検査体制について

検査・測定代行サービスについて

加工部品の基礎について